こんな感じでいかがでしょうか!?

元請会社様からの案件でエアコン新設工事に市内のマンションに

お伺いしました。

室外機を設置するスペースに若干難がありました。

 

”段差”があり、特別な部材を使用すれば、別途の費用がお客様に

請求となります。

 

このような段差に室外機の設置は今までに何度もありました。

 

規定範囲内の作業ですと、室外機の架台(プラブロック)は標準で

含まれます。

そのまま置くには外壁から突き出した断面への設置はスペースが取れず

1段下がった平坦なベランダ地面への設置では無駄なスペースがうまれます。

 

10cmのブロックがあれば”何とか収まりそう”室外機の水平も取れそう

ですが・・・持ち合わせもなく・・・。

 

プラブロックを2段重ねにして、耐震ゴムかスペーサー的なものをかますと

水平に室外機が設置できそうかな!?

 

・・・そう思ったので、プラブロックを半分に切断して、サイズの合う木も

カットして室外機の前足にすけてみました・・・。

段差も解消されて、いい感じです( ^^) _U~~

耐震ゴムを重ねるよりも、こちらが良いかも・・・

 

少し手間をかけましたが、お客様への追加部材の請求も不要。

標準作業として完了できました。