これで2連続で雑工事に遭遇

2018年5月21日徳島市某所にエアコン付替え作業に参りました。

2階ベランダに室外機が設置されて、既存化粧カバーに接続配管は収められています。

化粧カバーをまくってみると・・・雑な作業が目につきます。

接続部の断熱材も適当なテーピングですね、しっかり巻いていればこんな事は

ありません。

↑↑↑

トップのカバーを外すと・・・

”案の定”でした。

貫通穴にパテ(粘土)埋めもされておりません。

せめて、化粧カバートップにコーキング処理だけでも施して

いてくれたら雨の侵入の心配も軽減できるのですがね。

 

内壁を確認しましたが、雨の侵入の形跡は見た感じはありません

でした。

南面のお部屋であった事と軒に救われたようにも思います。

 

以前お伺いした現場では、東面の2階のお部屋で、軒がない部分に

穴あけで、パテ埋め無し、化粧カバーにもコーキング無しでした。

雨の侵入のため内壁の下材は腐食、お部屋のクロス(壁紙)まで

カビが浮き出ていました。

 

責任の分解も含めて、こういった現場ではお客様に状況を確認

いただいております。

私が作業する前の状況、私の作業後の施工確認。

 

パテ埋め&コーキング処理をしていますから

ご安心くださいね(^^)/