県外からのご依頼が増えてる今日この頃です!

 
 

もうすぐ9月も終わりますね~ 10月か~早いもんですね。
朝晩は涼しく(夜は寒いぐらい)なってきました、 でも、まだまだ日中は暑い(-_-;)
もう秋なのにね・・・。
ふと気が付けば、当ブログも更新してませんよね、 5月頃からの現場画像や、ブログに書きたいネタも 山ほどあるのに、私らしいと言うか・・・ 更新されてません(-_-;)
サイトにご訪問いただいたお客様~
ブログをご覧いただいてるお客様~  

”としお電器はバリバリ営業してます”

 


9/23はTDM(トシオデンキメンバーズ)のお客様から のご紹介をいただいたお客様宅へエアコン取替工事に朝から 出動中でしたが・・・
移動中にアクシデント発生!!! 私の仕事用愛車が故障しました・・・。

現場まであと少しのところでした(-_-;)

おまけに重症です(-_-;)

直ぐにお客様に連絡を・・・。

せっかく作業のお時間をいただき、 ご予定していただいてたのに、大変ご迷惑おかけして しまいました(-_-;)

申し訳ございませんでした。

JAFを手配して、自動車屋さんへ修理に出して 代車に乗り換えて現在お仕事してます。


9/24は全国的にネットでエアコン工事やその他の工事を 展開している取引会社様からのご依頼の案件のため、 午前中は藍住町のエアコン移設工事にお伺いしていました。

その現場に到着する頃に、1本の電話がかかってきました・・・。

愛媛県からの着信!?

間違い電話???

お話すると・・・

徳島のご実家に一人でお住まいのお母様宅の テレビが映らなくなって困ってる・・・内容でした。

午後からは徳島市内で1件新規ご依頼先での作業を予定、
その後なら訪問可能だったので、対応する事にしました。      

〇午後からの徳島市内での新規ご依頼先からの案件



こちらは、東京から着信が入りました。 当サイトをご覧いただいたとの事で、案件対応をご依頼いただきました。

東京都で不動産管理をされてる法人様からです。

徳島にも管理物件を多数かかえておられ、 当店での対応をご依頼いただきました。

徳島市内のマンションのお部屋で洗濯機用のコンセント の改修作業でした。

ベランダに設置の洗濯機と給湯機用のコンセントが老朽化していて、
洗濯機の電源コードを差し込んでる部分が不具合を 起こしてました。





既存の防水コンセントを取外し・・・





新品に取替しました。



〇徳島のご実家に一人でお住まいのお母様宅の テレビが映らなくなって困ってる件

午後からの作業も予定通りに進み、 テレビ受信不良の改修作業の現場に向かうことが 出来ました。

現場に到着すると、昔のアナログ地上波アンテナが 屋根の上に放置されたままの1軒のお宅に到着しました。

地元のCATVの引き込みがされており、 現状の受信設備の状態を確認できました。

居間に設置されてるテレビが受信できてませんでした。

テレビ本体背面を確認すると・・・

BS/CSのアンテナ入力にケーブルが差し込まれていました。

ねじ式(5C同軸ケーブル用接栓タイプ)の端末を テレビ本体から外すと、アンテナケーブルの芯線が 内部で折れてました。

不完全に差し込んだため芯線が折れたのでしょう。

息子さんに現状と作業対応内容をお電話でご相談しました。

お年を召したお母様でも差し込みが容易なプラグ式の 端末に取替することにしました。

B-CASカードも間違った差し込みをされてました。

よくある事なのですが、B-CASカードの表裏を 間違って挿入すると、受信できません。

移設した時や、お掃除した時等に、 B-CASカードの差し込みが緩んだ場合、 受信不良になる場合がよくあります。

お母様には、B-CASカードの表裏の差し込みの向きについて・・・
差し込みが緩い場合はそのままの向きで、しっかり 奥まで差し込んでくださいね。
という説明と、 テレビ本体背面のアンテナケーブルの差し込み部分、 上下2か所差し込みのうちの下側(地上波)に アンテナケーブルが抜けたら差し込んでくださいね。

この2つが重要なので説明してあげました。

作業完了後に息子さんにもお電話と、 メールで内容をお伝えしました。

今回のように、お年を召された方、一人暮らし であって、ご家族が身近におられないケース・・・

ご家族は心配ですよね・・・

息子さんも電話で言っておられましたが、 「県外なので、直ぐに見にいけないから」・・・困ってます。

このようなケースもきっと多いかもしれませんね。

法人様、個人様問わず、 もっともっと安心のパフォーマンスを提供できるのは

”としお電器です、お任せください”

ブログでもっともっと発信する必要があるな~

そう感じずにはいられない9/24の現場でした。          

TDM(トシオデンキメンバーズ)のお客様宅でエアコン5台お取付にお伺いさせていただきました(^^)/

いや~良い天気で最高のGW(ゴールデンウイーク)ですよね(^^)/ 暑さもそろそろ本調子になりはじめました、皆様、夏のご準備いかがでしょうか。   5/4と5/5の2日間、私は当店のお客様TDM(トシオデンキメンバーズ)ご依頼 でリフォーム工事が完了されたお客様宅へエアコン工事に参りました。   リフォームのための解体時に既存エアコンの取外工事をご依頼いただいた お客様でして、リフォーム完了時にエアコン新設取付も 再依頼(リピート)して下さりました。   某家電量販店〇〇〇デンキでエアコン5台購入、その量販店さんに配送 してもらって、工事は是非お願いします!と 感謝感激なご依頼を受けての現場参上でございました・・・。     お客様からも・・・   「としお電器さん、1人で一度に5台は大変でしょう…」 とお気遣いもいただき、私も・・・ 「やっつけ工事はいやなんで、しっかりお時間をいただけたら助かります…」   ・・・とそんなこんなの打ち合わせをさせていただき、 2日間のお時間をいただきました。   作業上、2人手間も必要としましたし、作業員を同行したのでは お値段も上がっちゃいますので、うちの家内(補助スタッフです)を 同行して現場インです。  
5/4の工事・・・   2階のお部屋から室外機1階地面置き設置ですが・・・   その途中で差し掛けの屋根の工事が未完了状態でして、エアコン取付後の GW明けに外装工事の職人さんが屋根を張りに来るとの事なので、 このお部屋が先ずは1台目の工事でした。   さすがに某〇〇〇デンキさんも自店で工事はやらないからか・・・ 未完成の差し掛けスペースに室内機・室外機の5台分はそのまま配送したまんま なので、先ずは各お部屋まで室内機を運びます・・・。   1台目の2階‐1階立ち下ろし設置作業のため、室外機を整理しながら 作業スペースを確保・・・ はしごを立てて作業開始です。  
差し掛けの屋根を張る完成もイメージしつつ、化粧カバーから 取付していきます・・・。
室内はこんな感じで仕上がりました。 試運転を開始しながら、次のお部屋の作業準備にかかります・・・
2台目は1階リビングのエアコン工事。 ※リビングエアコン室内機は撮り忘れのため、こんなタイプの室内機でした・・・。   室外機は1階‐2階への立ち上がりでややフラットな屋根置きです。 しかし、お隣との建物のスペースが厳しく、外へまわっての工事ができません。 リフォームもこの部分の外壁張り替えは断念しておられました・・・。  
1階‐2階への立ち上げ部の配管部材は屋根に寝そべった状態から、エアコンの 部材を通した穴目掛けて私はダイブ(真逆さまに飛び込み状態)で家内に 私が落ちないようにベルトを引っ張ってもらいながらの配管テープ巻や穴のコーキング ・・・アクロバティックな作業になりました( ^^) _U~~
5/5の工事・・・   昨日はやや難関な2台取付でもあり、作業開始も遅かったので 本日は残り3台、昨日よりは早めに現場インです。   こちらのエアコンは2階のお部屋から、壁面横引きしてややフラットな屋根に 室外機設置です。
未完成の差し掛けスペースの屋根部に脚立を立てての作業です。 不安定だし”踏み抜き厳禁です”緊張しますね~
本日も”少々アクロバティックな作業”です( ^^) _U~~
※1階のリビングと同じタイプのエアコンを2階お隣のお部屋にお取付。 1階リビングと2階の2部屋のエアコンがこちらの”ややフラットな屋根”に 3台設置です。
昨日も今日もこちらの屋根の太陽の照り返しは最高で( ^^) _U~~ これなら”日焼けサロンは不要”汗だくの作業でした・・・。
そして5台目のエアコン(室内機の画像は撮り忘れ)は軒に穴あけしての 室外機屋根置きです。 屋根置き架台も新品に交換しての取付となりました。 支線張りは本体もしっかり固定しておきました。
と、ここまでが元々のご依頼でしたが、追加でお客様からのご要望。   ”せっかくだから、既存エアコンの化粧カバーも付けてほしい”  
こんな感じだったので・・・
こんな感じに化粧カバーを取付ました。 ※最上部の角までカバーを取付したかったのですが、光引き込み線の 支持具があり取付ができませんでしたが・・・。
こんな感じでしたが・・・
こんな感じにスッキリです!
お客様の貴重なお時間を2日間いただきましたが、当店の ”きっちり作業させていただきたい趣旨” ご理解いただき誠にありがとうございました。   途中お客様ご主人から・・・ 「エアコンの取付って大変ですね、結構時間かかるもんなんですね」   とお言葉をいただいたのですが私は思わず・・・ 「目を瞑って付けたらこんなに(時間が)かからないんですけどね(笑)」   ”安かろう悪かろう”をやってる粗悪なエアコン業者へのジョークのつもりで こう言ってしまったけど・・・   ご主人は 「いや~こんなに丁寧にやってくれて安心できます」 と言ってもらえて、ありがたかったです(^^♪   本当に2日間ありがとうございました。 今後とも”としお電器”を宜しくお願い申し上げます。

なぜ”やっつけ”粗悪な業者が多いのか!?

なぜ粗悪な業者が無くならないのか!?

 

今回は今までネットで多くを語られていないタブーなお話!

この暴露話を実際に自店作業以外にも下請けの作業現場で

現在作業している私自身が赤裸々にお話することにします。

 

エアコン工事の相場価格は取外工事が7000円~10000円で

取付工事が15000円~25000円あたりだと思います。

 

現在ネットで検索すれば、取外と取付のセットで10000円以内のところもあります。

 

また、その多くは全国ネットでサービスを提供している会社である

ケースも多いですね。

 

作業を依頼するお客様の立場からすれば・・・

〇全国ネットで全国どこへでも工事に訪問可能で便利である

〇サイトがきれいで大手会社だから安心できそう。

〇工事保証が完備されている

・・・それでいて、格安な料金

 

に魅力を感じられてるんじゃないかな!?と思います。

 

これは商品を買う場合でも言えますよね、

品質が良くて安いに越したことはありませんね。

確かにそうだと思います。

 

でも、実際のところはどうでしょうか!?

 

粗悪な業者(丁寧で対応の良い業者もいないわけではありませんが)

が多すぎるのは残念ながら事実です。

 

私も大手引越会社様から工事を請け負った会社の協力会社(下請け)を

させてもらってます。

なので、その裏側を観てきましたし、現在も作業をしております。

だから、粗悪業者が無くならない絶対的な理由がわかるのです!

 

なぜ粗悪業者が多くなってしまうのか!?

 

それは・・・

 

限りなく安価な作業単価しかもらってないから!

 

お客様からすると、普通の適正価格を引越会社さんへ引っ越し費用と合わせて

お支払いされていますよね。

でも、現場で作業する業者は超激安な工事単価しか支払われていないのです。

 

〇引越会社がピンハネ→元請会社がピンハネ→現場での下請け業者

 

具体的な金額をお話しますね。

 

徳島での引越関連の下請け業者の工事単価・・・

エアコン取外は1台1500円~2000円

エアコン取付は2000円~2500円

※年間にレギュラー契約をして多く稼働している下請け業者の単価相場です。

 

実際に私も少し前までやってた某大手引越会社様の下請け作業は

エアコン取外1500円で取付は2500円でやっていました。

※大阪や関東の都市部ではさらに超激安な単価です。これは、単価が

安くても依頼案件が年間を通じて多いため。

 

現在の私が下請け作業として実際にやってる

某大手引越会社様の作業分でもエアコン取外2000円

取付で4000円です。

 

私は基本1人で作業していますから、お客様に現場で

「え!?お一人でされてるんですか?」とお声をかけていただきます。

難ありな現場は2人作業する時もありますが、基本は1人です。

 

他の業者は大抵のところ2人でワンボックスの車両で現場を

まわってますよね。

 

この作業単価ですから、2人で作業するのであれば件数をこなさないと

割に合わないのも納得できるかもしれません。

なので、工事部材も質の悪いものを平気で使うでしょうし、極力

部材費を抑えるでしょうし、作業もこの単価としてするならば

雑、粗悪になるでしょう。

お客様への愛想も何もないでしょうね。

態度も恰好も悪くなる業者が多いのも・・・こんな裏事情があるわけです。

 

事情はどうであれ、お客様は正規の金額を支払われてるわけで、

そこのギャップ(食い違い)からクレームが後を絶たない現状

となっているみたいですね。

 

それともう1つは、出来るだけ売り上げをあげるために(稼ぎを

得るために)必要のない部材の交換を追加していく傾向にあります。

 

この単価だけで帰るわけには行かないのです。

 

例えば、エアコンの配管部材の交換です。

家電メーカーさん推奨としても、移設時の配管部材の再利用は経年劣化

があれば交換が望ましいとしています。

使用頻度にもよるところですが、3,4年から5年以上経過している部材で

あれば交換が良いと思います。

再利用の時、接続部のフレア加工の際に経年劣化によりガス管(銅管)が

裂ける可能性が多いからです。

それが原因でガス漏れを起こせば、ガス充填やそれに伴う配管交換で

お客様の費用負担が大きくなります。

 

でも、粗悪業者は例え半年も経たない部材であっても(再利用可能な状態の

ものであっても)交換の話を持ち掛けます。

 

単価を上げるためです!

 

酷い業者になると、下請け業者でありながら引越屋さんの目の前で

買い替え(自店での直売)をすすめる業者もあるそうです。

 

家電量販店からの工事業者は工事単価はそこまでではありませんが

部材込みの工事単価のため、部材の使用を極限に抑えてます。

また、1日の作業件数の多さから、作業が雑、粗悪になるところが多い

みたいですね。

 

結論から言いますと、結局のところ、適材で最適な技術と時間を要する

には当たり前の料金が必要になります。

 

次回は

【としお電器はなぜ超安い単価の下請け作業の現場なのに

ベストな対応をやろうとするのか!?】

をお話してみます。