プロとして、無責任な仕事はやめませんか!?

IMG_1269.JPG

こちらは10/13の訪問、そのまま工事するわけにもいかない
ため、10/22に再訪問して工事が完了した現場でのお話。

ネット販売でご購入分のエアコンを元請け工事会社からの依頼
により、徳島エリアの担当である当店が工事に訪問しました。

工事内容は、
既存セパレートエアコン取外して、購入分のエアコン取付でした。(付替え工事)

IMG_1268.JPG

既存のエアコンを外しました。

すると・・・
IMG_1269.JPG

筋交いを切ってる~!!!

IMG_1270.JPG

お客様に話を伺うと、
建築時に穴あけしてエアコンを取付、2回目エアコンを付替え(他業者にて)・・・
今回が3回目になるらしい。

前回(2回目の付替え時)のことを伺うと、
その業者は何も言わず(説明や確認なく)取り付けたそうです。

私は、先ず画像をスマホで撮り、お客様に直接確認していただきました。

筋交いの意味や、建物の保証について・・・
私はお客様にお話しました。

本来なら、2回目の付替え時にお客様に確認いただくことの
ように思います。

ハウスメーカー(建築会社)様によっては、建物の長期保証を設けているところが
多くあります。
もし、補償対象外に当てはまる場合は建物の保証をしてもらえないケースがあると、
聞いたことがあるので、エアコン工事で新規穴あけの作業をする場合は、
図面を確認させていただくか、無い場合は内壁裏の筋交い、間柱の位置をさぐり、
それをかわし穴あけを行うのが必須になります。

1回目の新規取付時の粗悪な工事。
2回目付替え時の説明不足。

デメリットがあるのはお客様です。

永年住む大切なお家は、お客様にとって
大切な財産なので、すぐにハウスメーカーさんへ確認の電話をお願いしました。

結果、
ハウスメーカーさんに現状を確認してもらってから、再訪問工事となりました。

今回、このまま私が取り付けてしまえば、次回付替え時まで現状はわからないまま
になります。
私としては、2回目に付け替えた他業者のようなことはできません。

お客様も・・・
『すいませんね、せっかく来ていただいたのに・・・』

再訪問工事となれば、今回私は無駄足です。
時間も燃料費も・・・どこからもいただけませんが(-_-;)


私は仕事として、プロとしての責任だけはブレさせたくありません。
毎回の判断、対応はすべて私の自己判断によるものです。
たとえ、それが下請けで訪問したとしてもです。

やっつけ工事をすれば、それでその現場は完了になりますし、
無駄足にはなりません。
おそらく、ほとんどの低単価で下請けに向かう業者はそうだと思います。
その気持ちもわからなくはありませんが、
対応を間違えると、自分に責任が降りかかってくることにもつながります。

大手の工事元請け会社は基本的なお客様への対応マニュアルはあっても、
それ以外は下請け業者に任せてます。
任せてるというよりは、
”投げっぱなし”といった方がいいかもしれません。

なので、
特に細かいマニュアルも存在しない、任せられてる、お客様がみていないから・・・
どうせ下請けでやってるから!
そんな無責任で粗悪な工事を平気でする業者がなくならないのです。


私は”やるべきことはやる”といったプロ意識もパフォーマンス(自己アピール)の
チャンスでもあると捉えてます。
下請け作業であったとしても、
せっかく作業するご縁がいただけたのだから、
そこは自分(当店)をアピールできるチャンスだ!!
そう捉えてます(^^)/

追記:

こちらの現場1回目エアコン(新規穴あけして)新設取付業者は
ハウスメーカーさん専属業者(-_-;)

今回の作業報告はしっかりと元請け会社にデータベースとして
残してもらい、ハウスメーカー、お客様ご納得のうえ
10/22に再訪問工事が完了しました。