【2020年現場プレイバック】2020/11/24 ネットショップ依頼分エアコン付替え工事

IMG_0068.JPG

【2020年現場プレイバック】2020/11/24 ネットショップ依頼分エアコン付替え工事

ネットショップ販売分のエアコン付替え工事を元請会社様からのご依頼で
現場に伺いました。

既存エアコンを取外して、ネットで購入したエアコンを取付です(付替え工事)
伝票には既存の屋外用化粧カバーを再利用を希望となってました。

余程の経年劣化等で再利用が不可な場合以外は、お客様のご要望通りに
作業をしています。

今回は再利用しても大丈夫だと判断して作業を致しました。

こちらは既存エアコンを取外す前の画像になりますが、
IMG_0068.JPG

パテ埋め(粘土埋め)はされていましたが、経年により硬化でパテが縮んでました。
この隙間から雨水が侵入することがあります。
化粧カバートップがしっかりとコーキングされてたら、先ずはそこで雨水侵入を防ぐことも
可能だと思います。

パテ埋めの縮みはありましたが、
前の業者さんは化粧カバートップにしっかりとコーキング処理を施されていました。

エアコンを外して見える範囲で壁内を確認しましたが、幸いにも雨水が侵入して
腐食やカビが発生した形跡は特にはありませんでした。

良心的な業者さんの施工だったと思いますね。


新しい室内機に付替え、
屋外への貫通穴はパテ埋め&コーキングで表面をコーティングしておきました。
IMG_0070.JPG

化粧カバートップの裏も雨水侵入防止のためにコーキングしました。
IMG_0071.JPG

化粧カバートップの縁と、ビス穴もコーキングしました。
IMG_0072.JPG

念のために申し上げますと・・・
上記の作業は元請会社様のマニュアルではございません。
多くの家電量販店、引越会社、ネットショップ等では、協力会社(下請け会社)に、
事細かく施工に関してのマニュアルを設けていません(これは私の経験です)

”作業する業者のモラルに任せている”

それが殆どと言えます。

なので、業者によっての”当たりはずれ”が横行しているのが現状かもしれません。

下請け業者はマニュアルがある訳でもないし、作業時間の手間や、部材費と
見合わない単価を天秤にかけて、割に合わない作業はできるだけ避けます。

当店(としお電器)では、一下請けとして現場に入るところまでは他の下請け業者さんと同じ。

ですが、
職人ができる唯一の営業が”技術営業のパフォーマンス”だと思ってますので、
受けた案件を単価以上にベストに完結することで、
次回へのご依頼に繋げる事を目的に作業に取り組んでいます。