2019年を振り返って(2019.05.13)大手引越センターご依頼エアコン移設工事

IMG_2108.JPG

大手引越センターご依頼のエアコン移設工事で
お客様ご実家のお部屋にある既存エアコンを
取外して搬入したエアコンとの付替え工事、2台作業致しました。
何度もブログで投稿していますが、
既存エアコンを取り外してみて発覚した前の業者の
粗悪工事。
今回も、見てしまった・・・。

IMG_2102.JPG

既存エアコンを取り外してみると、
室内から屋外へむけての貫通穴の傾斜が屋外側が
上がってます。
室内側の穴も、なぜこんなに大きくあけたのか謎!?です。

この状態ですと、室内機本体底面で穴をかくすとなれば、
屋外への排水の傾斜に難があります。

室内機の取付位置を上手く調整して
取付しないと、室内機本体からの除湿した排水が流れにくく、
水漏れを起こす原因となります。

取付板の位置と貫通穴の位置関係から
すれば、排水に難があったように思われますね。

IMG_2100.JPG

こちらは室内機を外す前の屋外の穴埋め(パテ埋め)の
具合ですが・・・雑ですね。
隙間から雨水が流れ込んではなかったのでしょうか!?

IMG_2106.JPG

貫通穴はしっかりとパテを充填(詰め込み)して、さらに表面を
コーキング処理しています。
これで、雨水の侵入は防止できますよね。

2台とも2階のお部屋で、室外機は2台ともに屋根置きでした。
既存の屋根置き架台ですが、
1台は再利用可能な状態でしたので、
そのまま再利用致しましたが、
もう1台は錆、経年の劣化がありましたので、
そのままの再利用は危険です。

崩れて室外機が屋根から転落すれば、
大変危険なので、お客様とご相談させていただき、
新品の屋根置き架台に交換させていただきました。