2019年を振り返って(車のアクシデント)

IMG_2029.JPG

今年は現場に向かう途中で車のアクシデントにみまわれました。

前に乗ってた車両は、夏の忙しい時期に、ダイナモ(バッテリーの充電のための発電機)でした。
現場に向かう途中、バッテリーの表示がチラチラ点灯・・・
ホームセンターに飛び込んで、バッテリーを購入し、駐車場で(汗だくになりながら)交換。
現場に到着して、作業を終え、帰る途中にまたチラチラ点灯???
自動車屋さんに電話すると、、、”おそらくダイナモの故障”交換しました。
車がなおるまでの間、軽トラックで現場に向かってたのが2018年の夏頃でした・・・。
その車も春に車検をして、、、5月、GW(ゴールデンウィーク)も休まず、仕事を
ガッツリ入れた直後、、、故障!

それも、お客様の待つ現場に到着するメッチャ手前で!

昼食をして(うどん屋さん)、しばらく走ってたら、車がガタガタ!!!
ふと、メーター部を見ると、オーバーヒート寸前でした・・・。

急いで近くのコンビニの駐車場に停車。

車の前方のバンパー下がミドリの液体でボトボト、、、、、
”ラジエターが破裂”
冷却水がすべて漏れてたのです・・・。

冷却水やオイル等もメンテナンスしてたのに・・・
”突然のラジエター内部破裂”

いつもの自動車屋さんがレッカー車に代車を載せて到着するまで、
コンビニの店長さんへ停車の了解をもらって、ひたすら待ちました・・・。
代車に乗り換え、現場に直行でした。

結局、修理費もかかるし、経年もある車なので、現在の車に乗り換えました。


IMG_2603.JPG

そして・・・9月。

乗り換えた車両が現場に向かう途中に”ガタガタ””警告灯が点灯しました!

急いで、また近くのコンビニに飛び込みます・・・。
 
数日前から、バッテリーの表示とサイドブレーキの表示がついたり消えたり、、、
走行してると表示が消えてたし、走行に不具合もなかったので、
そんなに気にしてませんでした・・・

すると、いきなり”警告灯”でしたから、何!?これは、ヤバい!?

今回はJAFに連絡しました。

また、コンビニの店長さんへ了解をもらって、(JAFが)来るのを待ちます・・・。

さすがに9月です、汗ダラダラ~。
今回はお客様宅への本日訪問はさすがに無理そうだったので、
事情を説明して、後日訪問に予定を変更していただきました・・・。

前の車と症状が若干似てましたので、、、、”ダイナモ!?”

自動車屋さんも、JAFが来たらサービススタッフの方にバッテリーの残電流を
(専門のチェッカーを車載しているので)測定してもらって、
電話も変わって欲しいと言われてたので、
到着して、バッテリーを測定してもらうと、
ほぼ充電されていない状態で走行していたみたいでした。
夏なので、エアコンも付けて走行してるし・・・。

”充電したり、しなかったり”の状態だったそうです。

あのまま走行してたら、間違いなく国道のど真ん中で停止してたらしい・・・。

JAFの方と話してましたが、
今回のような特異なエラー表示なら、(JAFの方)私でも
走行してるかもしれませんよ~そう話してました。

作業以外のアクシデントで、
お客様にもご迷惑をお掛けする事になりました。

車両も現場に向かうための第一歩だと肝に銘じました(-_-;)