地元で人気急上昇中のうどん屋さんでエアコン工事です!!

本日は地元で人気急上昇中のうどん屋さんで増設用のエアコン取付工事

に参上しました。

春頃に何度か下見、打ち合わせにお伺いさせていただいてました。

こちら、以前に別の飲食店さんが入ってたテナントだったそうですが、

店内に空調設備が個室に家庭用ルームエアコン1台と

メインの客席フロアに家庭用ルームエアコン1台の既存設備でした・・・。

 

 

本来、この広さの店内での空調設備は既存状態では無理があります。

春先に訪問した時でも、既に店内の室温と、外気温との温度差で

窓の結露が半端ない状態でした。

 

店内の設計上、厨房と店内フロアとの間仕切りがほぼ無く、

カウンター越しにフロアに厨房からの熱量が伝わってくる感じです。

 

麺をゆで上げる釜、天ぷらを揚げるフライヤーの上部にも

換気ダクトや有圧換気扇は設備されてますが、

間に合いそうもありません。

 

秋冬は大丈夫そうですが、夏は厨房内、客席、

”汗だくは必須”です。

 

お店ご主人も・・・

「私は厨房で汗だくになっても、覚悟はできてますが、この状態のままでは
お客さんが汗だく・・・とても、そんな状態でお食事していただけません

・・・」

できれば、天井に店内の広さに合わせた

”業務用の天井埋め込みエアコン”を新設すれば間違いなく

この問題は解決できます。

 

でも、別の立地へ移転も考えておられるところもあり、

しばらくは現状を最小限で改善して、しばらくはここで営業したい

との事です。

なので、大掛かりに経費をかけることなく改善できる術を

考えるしかなかった訳です・・・。

↑↑↑

お店の定休日に工事をさせていただきました。

店内のこのスペースがエアコンを取付けできる

最善の位置になりました。

↑↑↑

店内に結露した水滴が落ちないように、断熱材の切れ目も

しっかりテーピング処理します。

 

分電盤内からエアコン専用電気回路の新設配線をします。

天井に貫通穴をあけ、天井裏を隠蔽して建物屋外に設置する室外機まで

接続配管と電線をもっていきます。

建物の屋外も既存エアコンの室外機が密集していましたので

壁面アングルを取付、室外機は壁面設置となりました。

排水用の設備工事をするとなると、内壁から改修

を施す工事も発生してきます。

かなり大掛かりな工事はご主人が

望まれてませんでしたので・・・

 

”一番ベストな方法をご提案させていただき”

 

打ち合わせの結果・・・

 

洗面・化粧室内まで断熱用排水ホース

で処理させていただきました。

 

※外観は良くない仕上がりですが、

既存排水設備への落とし込みしか

策はありませんでした(-_-メ)

今回はご主人がご用意いただいた既存エアコンを店内に増設

させていただきました。比較的容量のある家庭用ルームエアコン

がこれで2台になりました。

厨房と店内の条件からすると、実のところはもっとパワーのある

エアコンの増設が望ましい現場ではありましたが、これで

ご主人お望みの空調環境に改善できれば幸いなところです。