なんちゅう付け方!!昨日の県南での現場のお話-その②-

 

既存使用分の室内機吊り金具(たて桟)に今回取付する

室内機取付板を付けた画像ですが、掛けシロ天井までギリギリです。

・・・なぜ、こんな上に穴をあけたのか!?

 

本来なら窓の上の小日差しから軒に穴をあけますが・・・

小日差しの上の外壁にむけて穴あけをされてました。

だから室内の穴位置が天井に近いのです。

ひと昔(かなり昔)のエアコンの室内機の高さは25㎝程度の

ものが多かったのと、小日差しに抜く(穴貫通)の技術がない

電気屋さんがこんな穴あけをよくしています。

 

この現場は賃貸物件って事もあり、新たに穴あけは不可であり

お客様に作業工程を説明しながらすすめてみました・・・。

 

屋外の穴が室内の穴より上がってるので、このままでは水漏れします。

新たに穴あけも不可なので、屋外の穴の底をやや開口する事にしました。

トタンの外壁なので、金ばさみで切って折り返し開口しました。

これで屋外へ向けての傾斜(こう配)をつけました。

 

以前の工事で外壁へのサドル止めの跡がありますが、こう配(傾斜)を

さらにつけて水漏れのリスクを回避しました。

この場合は”見た目(外観)重視”ではなく”機能性重視”です。

水漏れ回避です!

室外機と配管部材を接続して、真空ポンプで真空引き作業を行い

機密テスト(ガス漏れ確認)して、お客様にお水をいただいて

水漏れチェックです!

素早く、難なく排水ホースから水が出ましたね!

”水漏れのご心配なくお使いいただけそうです”

 

作業完了です(^^♪

次の現場は県西部・・・

本日は県南~県西部です。

 

桜もええ感じで咲いてますよ~世間では”お花見”なんでしょうね

暖かくなって(暑いです)きたから、そろそろ釣りにまた

この県南にゆっくり来たいですね~(^^)/