こんな業者を採用してる建築会社ありですか!?

ネットショップで購入され、当店には”元請会社さん”の

工事依頼でお伺いしたお宅になります。

 

2階のお部屋に2台、1階のリビングに1台

エアコン付替え工事になります。

 

既存エアコンを取外しますと、以前工事した

”業者の悪態”が露(あらわ)になります。

 

こちらはリビングのエアコンを外したところ

です・・・

 

こちらの筋交い(建物の強度を保つために重要な補強部)

は意図的に”ぶち抜かれてます”

 

私がみたところ・・・

内壁の中空部にも十分のスペースもあるし、

室内機を取付ける位置的にも十分な

取付スペースはあります。

ハッキリ言って、いくらでも筋交いを避けた

位置への穴あけは十分可能だったはずです。

 

内壁を何の躊躇もなく穴あけしたところ~

”ど真ん中に筋交いが出てきた”

といったところでしょうね。

 

穴をあける前にしっかりと図面で筋交いの位置を

確認するか、図面がない場合でも、

筋交いがあるかないか!?確認する術は

ありますよね・・・。

 

さらに悪質なのが、意図的に細いドリルで

いくつも下穴をあけてからコア抜きしてる

ところです。

”完全に筋交いをぶち抜く考えがうかがえます”

 

”悪質極まりないですね”

 

 

 

 

 

こちらは2階のお部屋。

同じく、筋交いを”ぶち抜いてます”

 

 

2階のもう1つのお部屋は大丈夫でした。

もともと筋交いが入っておらず(救われてます)(^^)/

 

この状況はお客様に確認していただいてます。

 

今回が建築してからは初めてのエアコン付替えになるそうで、

こちらのエアコン工事を施工したのは、

建築会社さんが手配したエアコン工事業者だったとか。

 

”今さら、建築会社さんにも連絡のとりようもないらしく”

 

仕方がないので、そのまま付け替えてください

とのお申し出になりました。

 

”よくもまあ、こんな業者を採用してるよな”

 

お客様は”プロにお任せしています”

技術的なことは当然おわかりになっておられません。

こちらのエアコンも今回のように

”付替え工事”がある次の機会にならないと

”発覚しない”わけです。

 

やはりそこは

”プロとしての自覚を持って作業するべき”

業者のモラルにかかっています。